2021-01-14

丹後半島全域に最良の法的サービスを
宮津事務所 0772-20-1122
与謝野事務所 0772-44-0072
峰山事務所 0772-69-5522

京都市内にも事務所を設置しています
烏丸事務所 075-255-5321

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

丹後地域

京都市

令和3年2月峰山事務所にて

弁護士 藤居弘之 (代表社員)

京丹後市峰山町出身。真和高校卒業。早稲田大学法学部卒業。
平成16年10月  弁護士登録(京都弁護士会)
平成16年10月〜 白浜法律事務所(現弁護士法人白浜法律事務所)勤務
平成17年10月〜 宮津ひまわり基金法律事務所赴任
平成22年 6月〜 弁護士法人たんご法律事務所 代表社員

弁護士藤居弘之からのご挨拶(令和3年2月)

2月になりました。
疑問に思うこと。鬼の生態と公転周期は関係ないのだから,「太陽の位置は4年で24時間分ほどずれるので,うるう年として2月29日を作って解消している。ところが,このままだと4年で約45分,400年で3日ほど増やしすぎてしまう。そのため,うるう年を400年で3回減らすことにした。100で割れる年はうるう年にせず,400で割れる年はうるう年のままとする。結果,2000年のような400で割り切れる年の前後の世紀は,節分などの日付がずれる。」などとややこしいことを言わずに,「節分は何があろうと毎年2月3日」と決めちゃえばいいのに。

過去のご挨拶文へ

令和3年2月宮津商工会議所前にて

弁護士 澤田将樹 (代表社員)

埼玉県入間市出身。慶応義塾志木高等学校卒業。慶応義塾大学法学部法律学科卒業。放送大学教養学部(心理と教育コース)在学中(平成29年4月~)。
平成18年10月  弁護士登録(第二東京弁護士会)
平成18年10月〜 森・濱田松本法律事務所勤務
平成22年 6月〜 弁護士名簿登録替(京都弁護士会)
平成22年 6月〜 弁護士法人たんご法律事務所 代表社員
(京都弁護士会)常議員(平成25年度)、会財政委員会(平成28年度)、弁護士偏在問題対策委員会(平成22年度〜委員、平成27年度〜副委員長(現職)、裁判手続等のIT化に関する検討プロジェクトチーム(平成30年度~)(現職)

資格等

【法務】弁護士、ビジネス法務エキスパート(ビジネス実務法務検定2級)、マイナンバー対応個人情報保護士(H27.6取得,H28.5更新,期限切れ)、マイナンバー実務検定1級(H27.11取得,期限切れ
【財務】二級ファイナンシャル・プランニング技能士
【不動産】宅地建物取引主任者資格、測量士補
【海事】海事代理士、海事補佐人、一級小型船舶操縦士
【会計】簿記2級
【IT】ITパスポート、基本情報技術者
【旅行】総合旅行業務取扱管理者,世界遺産検定1級
【教養・趣味】漢字検定2級、アロマテラピー検定1級、メディカルハーブ検定、環境社会検定試験(ECO検定),タオルソムリエ等

弁護士澤田将樹からのご挨拶(令和3年2月)

2月になりました。
厳しい冬なのか,そうでないのか評価が難しい年です。
緊急事態宣言の外出自粛を利用して,仕事以外の時間はファイナンシャルプランナー1級の勉強に明け暮れていました。2級で断念する人が多いという理由を体感し苦しみながらも先月末に受験だけはしてきました。結果はさておき,今後も仕事に役に立ちそうな資格の勉強を続けて行こうと思います。

過去のご挨拶文へ

令和2年12月宮津商工会議所前にて

弁護士 松崎竜一

京都府南丹市八木町出身。京都府立南丹高校卒業。龍谷大学法学部法律学科卒業。立命館大学法科大学院卒業。
令和元年12月 弁護士登録(京都弁護士会)
令和元年12月~ 弁護士法人たんご法律事務所勤務開始

弁護士松崎竜一からのご挨拶(令和3年2月)

2月になりました。
2月と言えば節分ですが,今年の節分は3日ではなく2日です。2月2日が節分になるのは明治30年以来124年ぶりのようです。調べてみると,節分が立春の前日であるところ,立春の日が地球の公転の周期に合わせて前後することが理由らしいです。節分の由来について知るとともに日頃当たり前と思っていることでも変化するということを学ぶいい機会になりました。緊急事態宣言下で行動を制限されることが多いですが,日々変化する様々な情報に対するアンテナは常に張り巡らしておきたいと思います。
まだまだ寒い日は続きますが春に向けてできることを少しずつこなしていきます。

過去のご挨拶文へ

令和3年2月宮津商工会議所前にて

弁護士 相模祐輔

京都府京都市出身。高槻高校卒業。神戸大学法学部法律学科卒業。神戸大学法科大学院卒業。
令和2年12月 弁護士登録(京都弁護士会)
令和2年12月~ 弁護士法人たんご法律事務所勤務開始

弁護士相模祐輔からのご挨拶(令和3年2月)

寒さが大変厳しい季節ですが,常時換気をして新型コロナウイルスの感染拡大防止策をとりながら仕事をしています。
先日,夜道を歩いているときにふと空を見上げると,星が綺麗で,空がとても広いことに驚きました。自然を身近に感じながら生活・仕事ができる素晴らしい環境だと改めて実感しました。
上ばかり見ていると足元がおろそかになって転んでしまうのは,仕事中も同じですので,一歩ずつ踏みしめながら着実に仕事をしていきます。今月もよろしくお願い致します。

過去のご挨拶文へ

令和3年2月峰山事務所にて

弁護士 矢野拓馬

兵庫県宝塚市出身。関西大学第一高等学校卒業。京都大学法学部卒業。京都大学法科大学院卒業。
令和2年12月 弁護士登録(京都弁護士会)
令和2年12月~ 弁護士法人たんご法律事務所勤務開始

弁護士矢野拓馬からのご挨拶(令和3年2月)

2月になりました。世間では,コロナウイルスに関する話題であふれているように思います。コロナ対策や経済対策など,政府と各自治体の対応が注目されるところです。
私は,いくつかの都道府県の対応を見ていますが,中でも,鳥取県の平井知事の対応が素晴らしいと思っています。鳥取県では,医療機関に対する支援や,PCR検査の設備の構築など医療面の政策のみならず,鳥取県弁護士会や鳥取県警察などと連携して,コロナ罹患者に対する差別を防止する政策にも力を入れているようです。
私も,医療については素人ですが,弁護士として,そういった差別を防ぎ,また対応していけるよう頑張ります。

過去のご挨拶文へ

弁護士 和田敦史 (代表社員)

東京都立川市出身。國學院大学久我山高校卒業。立命館大学国際関係学部卒業。
平成16年10月 弁護士登録(京都弁護士会)
平成22年11月 弁護士法人たんご法律事務所 代表社員(烏丸事務所)
(会務・役職等)
京都弁護士会民暴・非弁取締委員会委員長
近畿弁護士会連合会民暴・業務妨害対策委員会副委員長
日本弁護士連合会民事介入暴力対策委員会委員
公益財団法人京都府暴力追放運動推進センター相談委員・専門委員
京都弁護士会綱紀委員会委員(現職)
京都家庭裁判所(宮津支部)調停委員(現職)
保護司(現職)
(著書・論文)
書籍「賃貸住宅経営における賃料滞納の対処と明渡しの実務」(共著/にじゅういち出版)
論文「暴力団排除条例における利益供与禁止規定と法律業務の関係」(「市民と法」74号)
(表彰等)
平成24年 京都府知事及び京都府警察本部長連名表彰(暴力団追放)
平成27年 大阪府知事及び近畿管区警察局長連名表彰(暴力団追放)
令和元年 警察庁長官及び全国暴対センター会長連盟表彰(暴力追放銅章)

ページの先頭へ