2017-12-28

丹後半島全域に最良の法的サービスを
宮津事務所 0772-20-1122
与謝野事務所 0772-44-0072
峰山事務所 0772-69-5522
網野事務所 0772-72-5070

京都市内にも事務所を設置しました
烏丸事務所 075-255-5321

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


平成30年1月みやづ歴史の館

弁護士 藤居弘之 (代表社員)

京丹後市峰山町出身。真和高校卒業。早稲田大学法学部卒業。
平成16年10月  弁護士登録(京都弁護士会)
平成16年10月〜 白浜法律事務所(現弁護士法人白浜法律事務所)勤務
平成17年10月〜 宮津ひまわり基金法律事務所赴任
平成22年 6月〜 弁護士法人たんご法律事務所 代表社員

弁護士藤居弘之からのご挨拶(平成30年1月)

1月になりました。
裁判員制度はあまり上手くいっていない様で,最高裁も色々苦労しています。個人的には民事も刑事もできるだけ裁判員でやったらいいと思います。最高裁広報誌「司法の窓」で紹介されていたトクヴィルの説。「陪審制は市民一人一人をある種の司法職に任ずる。すべての人に,社会に対して果たすべき義務のあることを感じさせ,また統治に参加しているという実感を与える。自分自身の仕事とは別の事柄への関与を強いることで,社会の錆とも言うべき個人的利己主義と戦うのである。」(「アメリカのデモクラシー」第1巻(下)/A.トクヴィル)

  過去のご挨拶文へ

平成28年4月宮津商工会議所前にて

弁護士 和田敦史 (代表社員)

 東京都立川市出身。國學院大学久我山高校卒業。立命館大学国際関係学部卒業。
平成16年10月 弁護士登録(京都弁護士会)
平成22年11月 弁護士法人たんご法律事務所 代表社員(烏丸事務所)
(会務・役職等)
京都弁護士会民暴・非弁取締委員会委員長
近畿弁護士会連合会民暴・業務妨害対策委員会副委員長
日本弁護士連合会民事介入暴力対策委員会委員
京都弁護士会綱紀委員会委員(現職)
公益財団法人京都府暴力追放運動推進センター専門委員(現職)
京都家庭裁判所(宮津支部)調停委員(現職)
(著書・論文)
書籍「賃貸住宅経営における賃料滞納の対処と明渡しの実務」(共著/にじゅういち出版)
論文「暴力団排除条例における利益供与禁止規定と法律業務の関係」(「市民と法」74号)
(表彰等)
平成24年 京都府知事及び京都府警察本部長連名表彰(暴力団追放)
平成27年 大阪府知事及び近畿管区警察局長連名表彰(暴力団追放)

弁護士和田敦史からのご挨拶(平成30年1月)

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。
今年は,日本国憲法施行後初の憲法改正が実現するかもしれません。憲法改正の賛否はおくとして,このような動きは,我々国民が自分の国の在り方を考える良い機会になると思います。法律家にとって,最も基本となる法律でありながら,日常の仕事で使うことの少ない法律,「憲法」。今年は,一法律家として改めて勉強し直したいと考えています。

過去のご挨拶文へ

平成30年1月みやづ歴史の館にて

弁護士 澤田将樹 (代表社員)

埼玉県入間市出身。慶応義塾志木高等学校卒業。慶応義塾大学法学部法律学科卒業。放送大学教養学部(心理と教育コース)在学中(平成29年4月~)。
平成18年10月  弁護士登録(第二東京弁護士会)
平成18年10月〜 森・濱田松本法律事務所勤務
平成22年 6月〜 弁護士名簿登録替(京都弁護士会)
平成22年 6月〜 弁護士法人たんご法律事務所 代表社員
(京都弁護士会)常議員(平成25年度)、会財政委員会(平成28年度)、弁護士偏在問題対策委員会(平成22年度〜委員、平成27年度〜副委員長(現職))

資格等

   

【法務】弁護士、ビジネス法務エキスパート(ビジネス実務法務検定2級)、マイナンバー対応個人情報保護士(H27.6取得,H28.5更新)、マイナンバー実務検定1級(H27.11取得)
【財務】二級ファイナンシャル・プランニング技能士
【不動産】宅地建物取引主任者資格、測量士補
【海事】海事代理士、海事補佐人、一級小型船舶操縦士
【会計】簿記2級
【IT】ITパスポート、基本情報技術者
【旅行】総合旅行業務取扱管理者,世界遺産検定1級
【教養・趣味】漢字検定2級、アロマテラピー検定1級、メディカルハーブ検定、環境社会検定試験(ECO検定),タオルソムリエ等

弁護士澤田将樹からのご挨拶(平成30年1月)

新年明けましておめでとうございます。
年を重ねる度,自分の興味が変わってきているのを感じます。
幼い頃全く興味のなかった世界の国々に興味が湧き,正月は小学生向けの『世界の国』図鑑を眺めていました。今年はその類の勉強をする1年になりそうです。
今年もよろしくお願いします。

過去のご挨拶文へ

平成30年1月みやづ歴史の館にて

弁護士 後藤周平(社員)

奈良県北葛城郡河合町出身。奈良高校卒業。大阪大学法学部卒業。関西大学法科大学院卒業。
平成22年12月  弁護士登録(京都弁護士会)
平成23年 1月〜 弁護士法人たんご法律事務所勤務開始
平成23年10月〜 弁護士法人たんご法律事務所社員
平成27年 1月  税理士登録(近畿税理士会宮津支部)

資格等

弁護士、税理士、海事代理士、(公)全日本墓園協会認定墓地管理士

弁護士後藤周平からのご挨拶(平成30年1月)

今年の冬は昨年よりも寒く感じます。
居酒屋で飲んでいても店外に出れば一瞬で酔いをさましてくれる,突き刺さるような空気の冷たさは,「ああ冬だなあ」と感じさせてくれます。 
今年もよろしくお願いします。

過去のご挨拶文へ

平成30年1月みやづ歴史の館にて

弁護士 野村亮太(社員)

京都府京都市出身。京都府立桃山高校卒業。立命館大学法学部法律学科卒業。立命館法科大学院卒業。
平成25年12月  弁護士登録(京都弁護士会)
平成26年 1月〜 弁護士法人たんご法律事務所勤務開始
平成27年 7月〜 弁護士法人たんご法律事務所社員

弁護士野村亮太からのご挨拶(平成30年1月)

1月になりました。
高齢者を狙った特殊詐欺は,警察やメディアが頻繁に注意喚起しているにもかかわらず増加しているようです。特殊詐欺は組織的犯罪であり,指示役,架け子,受け子・出し子など多数の者が関与するのが特徴です。また,その中で検挙されるのは末端の受け子・出し子で,上層部は大抵捕まりません。ところで,受け子・出し子には,社会経験の乏しい若者が被害者の存在に思いを巡らすことなくバイト感覚で関与していることがあります。特殊詐欺の量刑は比較的重い傾向にあると思われますが,重罰化の背景には,そのような若者に対し受け子・出し子は「わりに合わない仕事である」と思わせて関与するのを思い留まらせ,増え続ける特殊詐欺の件数を減らす目的もあるのはないかと推察しています。

過去のご挨拶文へ

ページの先頭へ