2019-11-12

丹後半島全域に最良の法的サービスを
宮津事務所 0772-20-1122
与謝野事務所 0772-44-0072
峰山事務所 0772-69-5522
網野事務所 0772-72-5070

京都市内にも事務所を設置しました
烏丸事務所 075-255-5321

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


令和元年12月宮津商工会議所前にて

弁護士 藤居弘之 (代表社員)

京丹後市峰山町出身。真和高校卒業。早稲田大学法学部卒業。
平成16年10月  弁護士登録(京都弁護士会)
平成16年10月〜 白浜法律事務所(現弁護士法人白浜法律事務所)勤務
平成17年10月〜 宮津ひまわり基金法律事務所赴任
平成22年 6月〜 弁護士法人たんご法律事務所 代表社員

弁護士藤居弘之からのご挨拶(令和元年12月)

12月になりました。
平成23年12月に,ご母堂の葬儀で清冽な挨拶を述べられた方が今月亡くなりました。野球が好きで野球が体に染みついている様な人でした。草野球の試合ではライン引きも設営も審判も全て一人でやった上に,対戦相手にいい若手がいると,試合中でもアドバイスをせずにはいられないような人でした。私の好きな人たちは,皆,私より先に死んでいくでしょう。それで別にどうということもありません。「親も,友達も,みんな死んでいきました。それくらいのこと,私にだって出来るでしょう。」(田中澄江)

過去のご挨拶文へ

弁護士 和田敦史 (代表社員)

東京都立川市出身。國學院大学久我山高校卒業。立命館大学国際関係学部卒業。
平成16年10月 弁護士登録(京都弁護士会)
平成22年11月 弁護士法人たんご法律事務所 代表社員(烏丸事務所)
(会務・役職等)
京都弁護士会民暴・非弁取締委員会委員長
近畿弁護士会連合会民暴・業務妨害対策委員会副委員長
日本弁護士連合会民事介入暴力対策委員会委員
公益財団法人京都府暴力追放運動推進センター相談委員・専門委員
京都弁護士会綱紀委員会委員(現職)
京都家庭裁判所(宮津支部)調停委員(現職)
保護司(現職)
(著書・論文)
書籍「賃貸住宅経営における賃料滞納の対処と明渡しの実務」(共著/にじゅういち出版)
論文「暴力団排除条例における利益供与禁止規定と法律業務の関係」(「市民と法」74号)
(表彰等)
平成24年 京都府知事及び京都府警察本部長連名表彰(暴力団追放)
平成27年 大阪府知事及び近畿管区警察局長連名表彰(暴力団追放)
令和元年 警察庁長官及び全国暴対センター会長連盟表彰(暴力追放銅章)

弁護士和田敦史からのご挨拶(令和元年12月)

令和元年も12月になりました。12月は,我々の仕事でも年末年始に向けた準備が忙しくなる時期です。毎年のことですが,インフルエンザも流行っているようですので,皆様,体調管理には十分お気をつけください。

過去のご挨拶文へ

令和元年12月宮津商工会議所前にて

弁護士 澤田将樹 (代表社員)

埼玉県入間市出身。慶応義塾志木高等学校卒業。慶応義塾大学法学部法律学科卒業。放送大学教養学部(心理と教育コース)在学中(平成29年4月~)。
平成18年10月  弁護士登録(第二東京弁護士会)
平成18年10月〜 森・濱田松本法律事務所勤務
平成22年 6月〜 弁護士名簿登録替(京都弁護士会)
平成22年 6月〜 弁護士法人たんご法律事務所 代表社員
(京都弁護士会)常議員(平成25年度)、会財政委員会(平成28年度)、弁護士偏在問題対策委員会(平成22年度〜委員、平成27年度〜副委員長(現職)、裁判手続等のIT化に関する検討プロジェクトチーム(平成30年度)

資格等

   

【法務】弁護士、ビジネス法務エキスパート(ビジネス実務法務検定2級)、マイナンバー対応個人情報保護士(H27.6取得,H28.5更新)、マイナンバー実務検定1級(H27.11取得)
【財務】二級ファイナンシャル・プランニング技能士
【不動産】宅地建物取引主任者資格、測量士補
【海事】海事代理士、海事補佐人、一級小型船舶操縦士
【会計】簿記2級
【IT】ITパスポート、基本情報技術者
【旅行】総合旅行業務取扱管理者,世界遺産検定1級
【教養・趣味】漢字検定2級、アロマテラピー検定1級、メディカルハーブ検定、環境社会検定試験(ECO検定),タオルソムリエ等

弁護士澤田将樹からのご挨拶(令和元年12月)

12月になり,寒さを感じる日が増えてきました。
丹後地域は特に高齢化率が高いなどと言われても,諸先輩方は自分よりも元気であるからと深く考えないようにしていたように思います。
しかし,丹後に来てから大変お世話になっていた諸先輩方の訃報に接する機会が容赦なく訪れる度に,深い悲しみとともに,この現実を突きつけられます。
この事実を受け止めていくか,それとも
目を背けていくかのどちらかで,容赦なく自分の番が呼ばれたときの心の持ちようが変わるような気がします。
今月もよろしくお願いします。

過去のご挨拶文へ

令和元年12月宮津商工会議所前にて

弁護士 野村亮太(社員)

京都府京都市出身。京都府立桃山高校卒業。立命館大学法学部法律学科卒業。立命館法科大学院卒業。
平成25年12月  弁護士登録(京都弁護士会)
平成26年 1月〜 弁護士法人たんご法律事務所勤務開始
平成27年 7月〜 弁護士法人たんご法律事務所社員

弁護士野村亮太からのご挨拶(令和元年11月)

11月になりました。
先日,私が法定後見をしている方の親族と話をする機会がありました。その際,親族の方は「今後,施設から毎月届く請求書の写しを送って欲しい。」と依頼してきました。初めての依頼だったので理由を尋ねてみると,親族の方は「請求書の内訳を見れば,通院したこと,散髪したことなど,被後見人の体調であったり,普段どのような生活をしているのかがよく分かり,何かあったとき,すぐに対応が出来る。」とおっしゃいました。また,これまで自作してきた被後見人の月別の詳細な収支内訳表も見せてくれました。親族の方の被後見人に対する想いであったり,誠実な行動に感銘を受けるとともに,浅はかにも郵送は面倒ではないかと思ってしまった自分を省みることになりました。

過去のご挨拶文へ

ページの先頭へ